鎮座地  北海道河東郡鹿追町元町3丁目1番地
由 緒 大正3年創祀。日本国最初の夫婦神(めおと)をお祀りし、縁結び、子宝、夫婦円満のご利益があるとされている。
御祭神 伊邪那岐神いざなぎのかみ
伊邪那美神いざなみのかみ
天照大神あまてらすおおみかみ
御神徳 伊邪那岐神伊邪那美神
―日本国最初の夫婦神で有り国生みの神、作り成す神―
…縁結び、子宝、夫婦円満、家内円満

天照大神
―諸の神の統合、日の神、祖神様―
…日本国の平和と人々の生活をお守り下さる中心の神様
■沿革■
大正3年 30cm程の木碑に「天照大神」と標し御祭神とし、祭事を執り行う事を始まりとした。当時は社掌もいなく無神格であった。
大正10年 仮社殿造営、改めて「鹿追神社」と称した。
大正12年 当時の収入役久保田松太郎氏の郷里福井県大野郡石徹白村(現岐阜県郡上郡白鳥町石徹白)鎮座「県社白山中居神社」より御分霊(イザナミのカミ、イザナミのカミ)を受け鹿追村の総鎮守とした。
昭和6年 内務省より神社創立認可。
昭和8年 村社に列格。神饌、幣帛料共進神社となる。
昭和15年 紀元2600年記念事業として、社殿、社務所の御造営。
昭和17年 浦安の舞初奉納。
昭和18年 郷社に昇格。
昭和21年 原因不明の災火にて、社殿、神輿等を焼失。
昭和26年 本村開基30年事業として、再造営。
昭和29年 宗教法人設立。
昭和56年 社殿、社務所老化著しく、造営奉賛会発足。
昭和57年 社殿、社務所新築造営。
平成5年 創祀80年記念事業として、土地買収、駐車場整備、神楽殿新築。

令和3年 初詣のご案内

新型コロナウィルス感染予防のご協力をお願い致します。
〇マスクの着用・各所消毒を設置していますので、手指の消毒をお願いします。
〇参道は左側通行にてお進み下さい。
〇前の方との距離を空けて下さい。
〇元日午前10時〜午後1時頃は混み合うことが予想されます。
密を避けてのご参拝をお勧め致します。

お神札・お守りの頒布時間(社殿付近)

1月1日 1月2日 1月3日
午前12時〜午前2時
午前7時〜午後6時
午前8時〜午後6時 午前8時〜午後6時

4日以降の授与品は社務所にてお受け下さい。(午前9時〜午後5時)


神社ネット公認バナー
Copyright (c) 2004 SHIKAOI JINJA
〒081-0224 北海道河東郡鹿追町元町3丁目1番地
TEL 0156-66-2614 FAX 0156-66-2755
>>E-mail<< s.jinja@galaxy.ocn.ne.jp