社 頭 祈 願
※お申し込みはご希望の日時をお決めのうえ、お電話にてお早めにお申し込み下さい。

【良縁祈願】 より良いご縁が結ばれますよう願います
【安産祈願】 出生は人生の門出であって、お母さん、お子さんともに健やか(着帯)であり、よいお子様が生まれますように5ヵ月目の戌(いぬ)の日に安産祈願します
【お宮参り】 お子さまが無事に誕生したお礼とともに、健やかな成長を氏神さまにお願いします。地域等によりいろいろですが、お母様、お子様のお体を配慮し、百日詣が多いようです
【七五三参り】 数え年三歳の男女は「髪置」、五歳の男子は「袴着」、七歳の女子は「帯解」のお祝いであり、無事成長と長寿のご加護を戴くおまつりで、一種のお子様の「やくはらい」です「千歳飴」の由来は寿命飴、千年飴とも呼ばれ、成長と長寿を願った縁起物です。ご祈祷後お受け下さい
【やくはらい】 厄歳は古来より転機を迎える時で、災難が最も多く厄除けのお祓いを受け災を免れ福に転ずるお祓いです
  男性 25歳・42歳・61歳・70歳
  女性 19歳・33歳・37歳・61歳・70歳
※ 数え年で総て前後厄あります
【車祓】 現代の車社会、安全に快適に楽しいドライブが出来ますようにお祓い致します
【結婚式】 三三九度(神様供えた御神酒)の盃を戴き、誓詞を申し上げ永久に夫婦の契りが結ばれる、数多い人生儀礼の重要な慶事です。神代の昔、イザナギ・イザナミ二柱の神は「天の御柱」をめぐり世界で初めての神前結婚式をされました。今花嫁の角かくしや綿帽子は神様の前に出るかぶりものであり、一生に一度の神聖なかぶりものです
  紙婚式・1年 木婚式・5年 錫婚式・10年
  陶婚式・20年 銀婚式・25年
  金婚式・50年 金剛石婚式・75年
【その他】 お電話下さい




厄祓祭のご案内

平成30年厄年一覧(数え年)

 
前厄
本厄
後厄
41歳
昭53生
42歳
昭52生
43歳
昭51生
24歳
平7生
25歳
平6生
26歳
平5生
36歳
昭58生
37歳
昭57生
38歳
昭56生
32歳
昭62生
33歳
昭61生
34歳
昭60生
18歳
平13生
19歳
平12生
20歳
平11生
男女共通
69歳
昭25生
70歳
昭24生
71歳
昭23生
60歳
昭34生
61歳
昭33生
62歳
昭32生

期日 2月3日(土)、2月4日(日)
受付時間 9時、10時、11時、14時、16時、18時

希望時間の10分前までにお越し下さい。
厄除神札、御守り、福豆等を授与致します。
両日、ご都合の悪い場合は、お電話にてご予約をお願い致します。


【平成29年初宮詣】

大西家 西園家 菊池家
外城家 正保家 渡辺家
※了承をいただいた方だけここに掲載致してます。

出 張 祈 願

【地鎮祭】 家を新築する時には重要なおまつりであります。敷地の守護神を祀り、建主様の平安と工事安全を願うものであり、敷地を祓い、鍬入れを行い、地を鎮める鎮め物を埋納するおまつりです
【上棟祭】 基礎工事が終わり、柱が立ち、棟木が上がった時に、建物の堅固長久と工事の安全を願う
【新宅祭】 建物が完成し入居する前に、家族が住み良く、快適に、そして建物の長久を願います
【解体祭】 長く住まわせていただいた家、納屋等に感謝し工事の安全を願います
【安全祈願】 作業安全、工事安全など、作業現場や会社などに出張し祈願する
【新年祈祷】 家庭の神棚にて今年一年間の家内安全を願う
【その他】 竣工祭、機会清祓、農耕機安全祓、除幕式、井戸祓他

施主 地鎮祭クワ入れ


年 間 祭 事

1月1日 歳旦祭
1月15日 古神札焼納祭(どんど焼き)
2月3日(立春の前日) やくはらい
2月11日 建国記念の日(紀元節)
5月15日 春季例祭・鹿追町交通安全祈願祭
9月14日 例大祭宵宮祭
9月15日 例大祭
11月15日 七五三詣
11月23日 新嘗祭(新穀感謝祭)
12月31日 大祓式・除夜祭



【 どんど焼き 】

 一年間お護りいただいたお神札やお守り、お正月飾り等をお焚き上げします。感謝の気持ちと共に無病息災・五穀豊穣を願う大切な神事です。

日時 平成30年1月15日(月)
   午前9時〜午後3時(悪天候の場合は早まります。)

焼納できるもの  お神札 お守り おみくじ しめ縄 松飾 等
焼納できないもの 人形 ぬいぐるみ はがき 仏具 お供えの鏡餅やみかん
         写真 その他日用品雑貨等
         (鏡餅、みかんはご家庭でお召し上がりください。)
事前の持ち込みはできませんので、ご協力をお願い申し上げます。
〇袋に入れてお持ちいただいた場合は、中身を確認してからお預かりします。その際、袋はお持ち帰りください。
〇焼納できない物をご持参の場合は、お持ち帰りいただきますのでご了承ください。
〇プラスチック製など、近年は環境に配慮した素材でできていることが多いため、そのままお持ちください。
〇ご不明な場合は係にお尋ねください。




鹿追神社社務所において、日本古来の和楽器、お箏の教室を行っています。
お箏では意外と思われるポップスや演歌、もちろん古典の曲もお箏で弾くことができます。
どなたでも楽しめる楽器ですので、興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。

〈問い合わせ先〉
Tel 0156-66-2614(富樫 文珠賀)まで

子育て支援センター
「おひなまつりの会」での演奏

Copyright (c) 2004 SHIKAOI JINJA
〒081-0224 北海道河東郡鹿追町元町3丁目1番地
TEL 0156-66-2614 FAX 0156-66-2755
>>E-mail<< s.jinja@galaxy.ocn.ne.jp